アナログカメラの買取市場

デジタルカメラが主流、いえ常識となった現在、アナログカメラは趣味中の趣味の世界となっています。フィルムカメラの最終期、カメラはアナログからデジタル制御へと進歩しました。シャッタースピードや露出、そしてピントを自動制御し、撮影ミスを防ぐものでした。現在でもその機能は使用されており、スマホやコンパクトカメラから一眼レフに至るまで使われています。この自動調整機能は、最初はコンパクトカメラに使われており、一眼レフはマニュアルでした。それ以前のカメラは、コンパクトでさえもすべて手動で調整しなければいけませんでした。現在からするととても不便であり、フィルムの現像やプリント代を考えると不経済な代物ですが、マニアからすると「それ」が良いのです。

オートカメラは失敗なく撮れ、そしてデジカメに至ってはその場で確認ができます。ですがアナログカメラは完成の図案を想像しなくてはいけません。そして現像したときに「想像に近いものが撮れる」その過程と瞬間が良いのです。現在はプロのカメラマンさえもデジタルの時代です。世の中の流れはデジカメになっており、アナログカメラは趣味の世界でしか使われなくなってきました。

しかし逆に考えると、より深い趣味になってきており、コアなファンはよりアナログカメラを求めています。ですがアナログカメラは国内ではほとんど見かけることはなく、主な入手方法は中古を探すしかありません。そのため買取市場は盛んで、年代物のカメラは特に需要があるのです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です